GoogleクラウドとSalesforce

GoogleクラウドとSalesforce

その名のとおり営業販売(セールス)に特化したクラウドサービスが特徴で、営業、店舗、工場など、状況に応じた在庫確認や顧客リサーチ、売れ筋などをどの場所からでも、モバイルデバイスなどで、システムにアクセスできる点で、別して安定したサーバー技術により、大企業、別途自動車産業の店舗と本社、支社と工場などを結んで販売数、店舗回転率などすべてを一つにまとめています。安価にSNSなどのサービスが利用するように、分散コンピューティングから必要な情報だけを取り出し、端末にデーダーベースのデータと集約させる技術、これがある意味クラウド技術になります。

クラウド技術というのは、なかなかわかりにくい技術で、既に登場から10年以上も経過して、直近で話題をさらったのが、GoogleクラウドとMicrosoftWindowsAzure(アズール)でしたが、ここへ来て注目されて、ついにGoogleクラウドに追従を始めたのがセールスフォースです。クラウドコンピューティングとは、従来は企業が持つメインフレームと呼ばれる大型のサーバーとデーターベースなどをそれぞれ管理し、ソフトウェアでアクセスするか、ひとつのネットワークへアクセスを集約させる必要がありました。


ホーム RSS購読 サイトマップ