マスメディアではできなかった様々な方法

マスメディアではできなかった様々な方法

非常に安価での宣伝で、インターネットはかなり多くの人に見てもらえるという利点があります。webマーケティングが主流となってからもこの方法自体は失われてはおらず、有効な手段のひとつとして依然として利用されています。

また、最新の情報をすぐに反映できる速報性も魅力です。マスメディアの利用が従来の宣伝広告方法は、圧倒的なシェアを占めていました。

ただ、同じ戦略が長らく続いたことで、宣伝手法がある程度出尽くした感もあり、全く新鮮味のない伝達方法と消費者にとってはなってしまっているのも事実です。たとえば、顧客との一対一である消費者参加型のイベント、キャンペーンや、公式サイトを利用したやり取り、あるいは電子商取引など、一気にその方向性は広がりを見せています。

大きなwebマーケティングの長所として、コスト削減という点がやはり大柄といえます。新たにそんな中、生まれたインターネットを利用した宣伝広告では、様々なこれまでのマスメディアではできなかった方法が利用できるようになりました。

テレビ、ラジオ、新聞、雑誌…最大限これらを利用し、顧客の獲得を狙うというのが主流でした。多くの人の目に触れる分、テレビや新聞を利用した宣伝は、非常に峻絶コストが必要です。


ホーム RSS購読 サイトマップ